ベルブランとリプロスキンならどっちを使う?

 

ベルブランリプロスキンの特徴はどのようなものなのか?
使用するならどちらを使用すべきか迷っている方も多いと思いますので、
2つの特徴を比べてみました。

 

 

ベルブランの特徴としては、徹底的に肌へ浸透力を高め、
美白効果にこだわっているところです。
人の皮膚と言うのは皮脂が外敵から身を守っている役割をしています。

 

 

このため、通常の美容液などを使用しても、肌の奥まで浸透せずに、肌の奥底まで美容成分が届かないことが多いのです。
このベルブランはこの肌の導入部分を徹底的に極め、皮脂と相性の良い油溶性甘草エキスを使用することで、美容成分を肌の角質層までしっかり届けることに特化しています。

 

 

今までニキビで悩んでいた人もこの美容液を使用することでニキビが解消されたという方もいらっしゃるので、非常に効果が高いです。
ベルブランにはカモミラエキスとアルピニアカツマダイ種子エキス、トラネキサム酸と言う3つの美容成分によってニキビの防止を担っています。
メラニンの生成を抑えたり、美白効果が優れている成分になるので、ニキビが出来た後の肌でも非常にきれいな肌を維持することができるようになっています。

 

 

■リプロスキンの特徴

 

 

 

ベルブランが導入と美白にこだわっているのに対し、リプロスキンは美容成分を角質層まで到達させるのには荒れた肌を整えることが重要だと言っています。
ニキビの跡と言うのは非常に肌がダメージを受けていて、ゴワゴワしているので、どんなに良い美容成分が配合されていても、浸透していくのは難しいです。

 

 

リプロスキンはこの肌の状態を改善し、肌の奥まで美容成分が届くような特徴を持っているので、ベルブランとはこの部分が大きく違うと言えます。
また、リプロスキンは8種類の美容成分を独自の技術でナノサイズに凝縮しています。

 

 

これにより、美容成分や保湿成分、美肌をサポートする成分が効果的に肌の角質層まで浸透していくので、ニキビを防ぎ、肌を綺麗にすることが可能になっています。
ベルブランもリプロスキンもいかに肌の角質層まで浸透させるかに大きなこだわりを持っているので、効果的にニキビの改善を行うことができるのだと思います。

 

 

リプロスキン

 

■ベルブランに向いている人、リプロスキンに向いている人

 

■ベルブラン
ベルブランに向いている人というのはどのような人かというと、敏感肌の方で美容液が自分に合うものがなかなか見つけられないという方に向いていると思います。
また、ひどいニキビの跡があって、紫っぽい色をしていたり、赤い炎症を起こしていたり、毛穴が開いてしまい、凹凸があるような方でも効果的にニキビケアをすることが出来ます。

 

■リプロスキン
リプロスキンが向いている人は肌の保湿や手入れがしっかりとできていない方が非常に向いています。
というのも、リプロスキンは日々スキンケアをすることで、ニキビが改善するので、スキンケアを生活習慣にまで落としこむことができるからです。
結局、ニキビが治っても、その後スキンケアをしないと、またニキビが出来てしまうので、生活習慣として取り入れないと意味がないのです。
あまり化粧や美容に時間を使いたくないという方はケアを疎かにしがちなので、向いていると言えます。

 

どちらも非常に効果は高いので、自分に合った美容液を使うようにすることが重要になります。

 

⇒ ベルブランの詳細はこちら!
⇒ リプロスキンの詳細はこちら!

 

 

 

◆ニキビケアに大切なこと

 

ニキビができるとそれだけでお肌が汚く見えるし、化粧したくてもニキビがひどくなるのではと躊躇してしまいますよね・・・。
化粧しないわけにもいきませんから、結局化粧でニキビを隠し、ニキビの状態は最悪の状態にということに・・・・。

 

まさに悪循環を繰り返しながら、そして気が付いたときには肌はボロボロということに。

 

 

本当にニキビって大敵ですよね。

 

 

ただニキビができる原因というものをしっかりとしってケアすることで、そんな悩みからも解放されるというもの。
ベルブランがいいのかリプロスキンがいいのか?
それは人それぞれなところがあるとはいえ、根本的なケアというのはどの人も同じだといえます。

 

 

ただ使う化粧水やクリームなど、どんなに良い物を使ったとしても日々の生活環境や食生活がボロボロだったら何の意味もないということです。

 

 

そもそもニキビというのは思春期のホルモンバランスが崩れている時に起こりやすい現象で、年齢を重ねていくにしたがってきれいになることが多いのですが、最近は大人になってもニキビで悩む人が増えていて、現代社会の一つの表れでもあるような気がします。

 

 

いわゆる、ストレスやホルモンなど内部のケアもしっかりとしていないと、なおるものもなおらないというかんじでしょうか。

 

 

 

そういう意味では、ニキビケアというのは、

 

  • ベルブランやリプロスキンといったニキビ専用の外的なケア
  •  

  • 食生活や生活環境の改善
  •  

  • ストレスやホルモンバランスの改善

 

 

こういったポイントをバランスよく改善していく必要があるように思います。

 

  • 甘いものが大好き
  • 煙草を吸う
  • 暴飲暴食
  • 睡眠不足
  • 不規則な生活
  • 偏った食生活
  • 好き嫌いが激しい
  • ストレスをため込む

 

 

こんなことを繰り返していたら、どんなに効果があるケア用品でも意味ないと思います。

 

 

使ってみて効果があるかどうかというは、確かに個人差がありますが、まずは根本的な原因を改善していくことも大切ということっですね。

 

 

 

◆これと決めたら続けることが大事

 

あと、少しの期間頑張ってケアしたからといってニキビはすぐにはよくなりません。
上記のような根本的な改善をしつつ、傷んでしまった肌を改善するには時間が必要ということです。

 

ある意味、即効性がありすぎるものの方が不安ですよね(^^;)

 

 

ダイエットと同じで、即効性があるとリバウンドもしやすということで、急激な変化というのはそれこそ肌にもよくないということ。
少しづつ化粧水でも浸透させながら、肌のターンオーバーを正常化させる必要があるというわけです。

 

 

少し使ってあきらめたりしないでベルブランを使おうがリプロスキンを使おうが、継続してケアすることの大切さも忘れないでおきたいものです。

 

 

美は1日にしてならず!

 

まさにその通りです♪